みらい整体院の想い

はじめまして、みらい整体院院長の清水です。
私は小学校から大学までサッカーを続け、怪我をするたびに接骨院や病院にお世話になっていました。大学では福祉を学びボランティアで障害児と一緒に遊んだりキャンプに行ったりという活動も4年間続けてきました。
それからアルバイトをしながら整体学校に通い始め、収入は減るし勉強時間もとりづらかったのですが、知識・技術が身についてくるにつれてどんどん整体の奥深さを知るようになりました。
在学中はリラクゼーションサロンでアルバイトをさせてもらい、卒業後に整骨院に就職しました。そこの整骨院では短時間の部分的なマッサージが中心で、ほぐし終わった後は「体が軽くなった」「気持ち良かった」と言ってくれるのですが、これが不調の根本的な解決になっているのか?という疑問が次第にわいてきました。

転職を考えていた時にここらぼ整体院の募集を知り、ホームページを見て治療に対する考え方、スタッフの人達の取り組み方にとても共感を覚えました。それと同時に「この施術は一体何をやっているんだ?」と思い非常に興味深くホームページの動画を見ていたのを思い出します。
そして現在では全国の治療家の先生からも注目されている「ここらぼ整体院 池袋院」の院長を2年間務め、年間のべ3000人を施術し現在までに1万人以上を施術してきました

その後退職し父の経営する「清水施術院らくだ」を経て、このたび独立して「みらい整体院」を開院する運びとなりました。

また以前より弟が難病のクローン病を発症して入退院を繰り返している為、難病治療に興味を持ちより良い施術や知識を身につける為に現在も様々な勉強会に参加しています。

施術方針として症状や痛みのある部分だけの対症療法ではなく、根本からの改善を目指しています。
PMS、不妊症、子宮内膜症、アトピー、自閉症、ADHDなどに対応出来る技術を常に研鑽し続け
触れているくらいの軽い力での施術を行いますので
赤ちゃんでも妊娠中でも高齢の方でも安心して施術を受ける事が出来ます
現在では不妊症の改善にも力を入れ、日本妊活協会に所属し仲間と一緒に「日本の不妊をゼロに!」を目標に掲げて日々患者様に向き合っています。